高い料金を払って楽しむ以上、女性のチェンジは超えなければいけない男性の壁と言えます。

MENU

チェンジって出来るの?

男性ならば一度は風俗を体験してみたいと思うものですが、中には勇気を出せず踏み込めないでいる人も数多く存在しています。
風俗とは一般的にサービス嬢と呼ばれる女性が店舗やホテルで性的なサービスを行ってくれるお店の事を指しますが、その種類やタイプは細かく分類されています。

 

たとえば店舗型ヘルスの場合はシャワー付きの個室が用意されたお店に男性が出向き、そこでヘルス嬢と呼ばれる女性から性的なサービスを受ける事になります。
また、デリバリーヘルスの場合はあらかじめ男性がホテルの部屋や自宅で待機し、そこにデリヘル嬢を呼び出して性的なサービスを受けるという形になります。

 

いずれもフェラチオやローションマッサージ、素股といった性的サービスが基本となりますが、共通しているのは本番行為はNGという点です。

 

もし本番行為を希望するのであればソープランドと呼ばれるタイプの風俗店に足を運ぶ必要がありますが、ソープランドの場合は一般的に店舗型ヘルスやデリバリーヘルスに比べて料金が高めに設定されています。
そのため、よりリーズナブルな価格で風俗を楽しみたい場合は店舗型ヘルスやデリヘルを利用するのがオススメです。

 

 

ちなみに男性側は高いお金を支払って性的サービスの提供を受けるわけですから、自分の好みに合った女性に付いて欲しいと望むのは当然の心理と言えます。

 

そのため、一般的なデリバリーヘルスでは回数に制限はありますがチェンジと呼ばれるシステムを用意しています。

 

チェンジとはその名のとおり女の子をチェンジ(入れ替え)して、男性客の好みに合った女性を派遣するシステムを指します。

 

店舗型ヘルスやソープランドの場合は男性客側がその場で写真を見て女の子を選ぶのでチェンジというシステムは存在しませんが、デリヘルの場合は派遣されるまで男性側は女の子の見た目や雰囲気がまったく分からないので、このチェンジというシステムが重宝されるというわけです。