デリヘルは本番行為なしの素股まで!フェラやDキスはOK

MENU

デリヘルのサービス

風俗を語る上で欠かすことのできない業種としてデリバリーヘルスが挙げられますね。
もしかすると現在ではデリバリーで女性が客の待つホテルなどに出張する風俗の方が主流かもしれませんね。

 

デリヘルは店舗がないことが最大の特徴で、ラブホテルを借りてプレイを楽しむことになります。

 

店舗があるファッションヘルスなども存在しますが、ソープランドの個室や浴室よりはチープなつくりになっていることが多く、料金もソープランドよりかは比較的安めです。

 

では店舗型とデリバリー型と何が違うのかという疑問に当たりますが、デリヘルは深夜24時以降の営業も認められており、時間を気にすることなくデリヘル嬢とプレイを楽しむことができます。
デリヘルは電話のみで女の子を派遣してくれるお店もありますが、受付のみ店舗を構えて、客が入店して女の子を選び会計までを済ませてからラブホテルに入室するというタイプのものもあります。

 

そこで気になるのが「デリヘルではどこまでサービスをしてくれるの?」ということです。
デリヘルの特徴としては本番行為はせずに、ディープキスやフェラチオ、全身リップなどを行い、射精は素股などの疑似挿入行為で行うことが多いです。

 

例えばオナクラでは手コキやソフトタッチなどの性的サービスを受けることができますが、それ以上のディープな絡みであるフェラチオやディープキス、全身リップなどの濃密なサービスを得るコトができるのがデリヘルのメリットと言っていいでしょう。

 

やはり男心としてはどんなに美しい女性でも見るだけでは満足できません。
揉んで、挟んで、舐めまわして、舐められたいそんな願望に比較的リーズナブルに答えることができるのがデリヘルのあり方だと言っていいでしょう。

 

ただデリヘルはホテルに女性をデリバリーするので、客としてはホテル代も持たなければならないところが、店舗型よりもコストパフォーマンスが劣るポイントです。
時間もロスしやすいので需要側、供給側どちらにとっても効率がやや悪いデメリットもあります。

 

ただ最近のデリヘル業界は、非常にサービスが多様化してきて、お店のコンセプトやテーマがいろいろと違うことが多く、性感エステ系のデリヘルではおっぱいタッチまではOKでもフェラチオやディープキスはサービスとして行っていないこともあります。

 

ソープとは?