風俗嬢が嫌がる行為をまとめました、お互いに気持ちよく遊びましょう!

MENU

女の子に嫌われる行為

風俗といえば多くの男性にとって秘密の花園であり、癒しを与えてくれる最高の空間として広く認知されています。

 

風俗には

  • 本番行為が許されているソープランド
  • 指定した場所に女の子を派遣してもらい、そこで本番行為以外の性的なサービスを受ける事が出来るデリバリーヘルス(通称デリヘル)
  • 店舗に直接足を運んで写真から女の子を選び、シャワー付きの個室でデリヘルと同様の性的サービスを受ける事が出来る店舗型ヘルス

など実にさまざまな形態の風俗店が存在しています。

 

最近ではカーテンで仕切っただけの簡易的な個室空間でフェラチオや素股といった性的なサービスを比較的リーズナブルな価格で受ける事が出来るピンクサロン(通称ピンサロ)なども高い人気を誇っています。

 

こういった風俗で働く女の子たちはお金と引き換えに男性の性欲を満たし、最高の癒しを与えてくれる崇高な存在と言えます。

 

しかし、男性側の態度や振る舞いによっては女の子に嫌われてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

風俗において女の子に嫌われやすい行為として代表的なのがプライベートな質問です。

  • どうして風俗店で働いているのか
  • 彼氏はいないのか
  • 連絡先を交換できないのか

等、女の子のプライベートに土足で踏み込もうとする男性客は女の子に嫌われやすく、場合によってはお店を出入り禁止になってしまう事もあるので注意が必要です。

 

また、一般的な風俗店の多くは制限時間内であれば特に射精の回数に制限を設けてはいないので、基本的には何度イってもおkという暗黙のルールが存在しています。

>>サービス時間の間に何回イッても大丈夫?

 

ただし、風俗で働く女の子にとっては時間内に何度もイクことを望む男性というのは避けたいというのが本音です。
なぜなら女の子にとっては一人の男性だけがお客なのではなく、その後も他の男性客に対して性的なサービスを提供し続けなければならないので、何度もイクことを望む男性の相手は疲れを残す原因になるからです。

 

そのため、制限時間内だからといって何度もオーガズムに達しようとする男性客は総じて女の子から嫌われやすい傾向があるので注意が必要です。