女の子の連絡先を聞き出すためのテクニック

MENU

連絡先の聞き方

風俗に通いだして、女性とのコミュニケーションに慣れてくると、どうしても女性から連絡先を聞き出したいと思うものです。
しかし女性から連絡先を聞いたり、店外デートをしたりすることはお店の規定で禁止になっていることも多いので注意しましょう。

 

風俗嬢も一人の人間ですから男性の側も気持ちが入ってしまうことがあります。
お店の営業時間だけの間だけ性的なプレイをその時だけ気持ちを入れて楽しむというだけでは済まず恋人にしたいと思ったり、外でデートしたいと思ってしまうものです。
セックスだけの関係ではなく、予想だにせず愛おしいと思う心は悲しいかな突然訪れます。

 

また男性側だけが風俗嬢を好きになるということだけではなく、風俗店で働く女性の側も来店する男性のことを好きになったり、いつまでも一緒にいたいと思うことだってあるんです。
女性にとってみても仕事として割り切って男性を相手にしている中で自分のタイプである男性が客として来店するこもあります。

 

ただ風俗の色恋沙汰のもつれの代償として男性側が女性に恋をしてしまってストーカー事件に発展するということも多く、かつて耳かき店で働いていた19歳の女性が常連客だった男性からストーカー被害を受けてその後、殺されてしまった事件も記憶に新しいと思います。
こういった事案もあることから、お店側としても客と嬢との連絡先の交換などは禁止にするところが多いのです。

 

ただ女性側としては指名を取るために男性に連絡先を教えたり、メールアドレスの交換などをすることも多いようです。
たとえば「今日はお客の入りが悪いのでこれからお店に来てくれないか?」といった営業メールを女性側から行うこともあるので、
女性に連絡先を要求しても必ずしも断られるだけということはないようです。

 

ただ女性に連絡先を聞くマナーとして、風俗で入った女性に手当り次第連絡先を聞くということはやめた方がいいです。
ある程度通っていく中で、お店で会ってそれなりになじみの客となったところで、「もしよかったら連絡先を交換しない?」という風に紳士的にお願いすることがポイントです。

 

お店の禁止を要求したり、女の子が嫌がるプレイを強要したりして、連絡先までしつこく聞くと、女の子にお店に報告されて出入り禁止になってしまうケースもあるので連絡先を聞く行為に関してはとても注意したいところです。

 

 

禁止行為や本番のリスクについてはこちら