ソープランドは浴場でのソーププレイが醍醐味!本番行為もアリ

MENU

ソープランドとは?

男性にとって一度は行ってみたい風俗店としてソープが挙げられますね。
風俗というキーワードとともによく耳にする機会が多いソープですが、ソープランドに一度も行ったことのない人にとって実際に何をするところなのかイマイチ理解していない人も多いかと思います。

 

ここでは実際にソープはどんな場所でどういったサービスを提供するところなのか確認しておきたいと思います。

 

具体的にソープと聞くと、濃厚な性的サービスや本番行為を連想しがちですが、ソープとはそもそも浴場の中でソープ嬢が客を接待する風俗の種類のことで、ソープランドには性的なサービスをするための浴室があるというところに注目しておきたいです。

 

例えばピンサロやランパブなどは、即尺などの浴室でシャワーを浴びない性的サービスを提供する風俗も存在していますが、ソープというものはこの浴室でシャワー浴びたり、浴槽につかったりという洗体作業と性的サービスが一体になった風俗ということができます。
ソープ嬢は男性の体を全身を使って泡を盛り、洗体作業を行って体の充足感を高めていきます。
それはまさに至福の快感となってはじめてソープに行く人は放心状態になるといいます。

 

近年では性感エステなどのソフトな性的サービスのお店も増えてきましたが、ちょっとだけおっぱいをタッチできるとか、手コキサービスのみのオナクラでは女性と体が蜜に密接する性的サービスが受けられない場合も多く、その中でソーププレイというものは、浴室のマット上で女性のおっぱいがあたり、恥骨があたり、足を絡めあって楽しむことのできるのでそこがソープが風俗の中でもキングオブ風俗と呼ばれる所以でもあります。

 

まさに男性の願望を集約したような風俗の形がソープなのです。
そしてソープではフェラチオ(潜望鏡)やディープキス、指入れ(壺洗い)だけでなく本番行為であるセックスも行うところも多く、まさに男性にとって最終的な満足が得られる風俗の代名詞でもあります。

 

ソープランドはソープ(泡)を用いた性風俗の文化であると言え、濃密で濃厚な体の密接、肉体的一体の充足などを得られる風俗の形です。
スケベ椅子などを用いたプレイなどソープ独特の文化があるところにも注目したいですね。
また昔、トルコと呼ばれていたのは、19世紀の画家、アングルの「トルコ風呂」から来ているようです。
マメ知識として覚えておきたいですね。

 

オナクラとは?